無印「ウェットシートケースが乾く」口コミに言いたい。

無印 ウェットシートケース 乾く

最近よく見る無印*ウェットシートケースの「乾く」という口コミ。私はウェットシートケースが発売されたと同時に飛びついて購入し、今では4つを愛用。そんな私がこの口コミに言いたいことがあります。

無印「ウェットシートケースが乾く」口コミに言いたいこと

私が言いたいことは、このウェットシートケースが乾くのは仕方がないということ。元も子もないことを言ってしまい申し訳ありません。でもこれが本音です。

この見た目と使い勝手の良さですよ。最強に便利なこの取り出し口の大きさで、普通のウェットシートケースより乾かないわけがないですよね。

無印 ウェットシートケース 口コミ
▲乾く原因でもある蓋の薄さと取り出し口の大きさは、使い勝手の良さに繋がります。

私は乾く前に使い切ってしまうほどのウェットシート乱用者なので、あまり気にしたことはないですが「乾かない!」とは言い切れないのが現実です。

ウェットシートを日常であまり使わない人には向いていないかもしれません。

私がこのウェットシートケースを手に取ったとき、初めて思ったことは「めっちゃシンプルで綺麗!でもウェットシートケースとしてはあまり機能しなさそう…」でした。

きっとほとんどの人がそう思ったんじゃない?

しかし、購入時にウェットシートケースとしての期待値がほぼなかった為(見た目だけで購入)、いざウェットシートを入れてみて感動しました。

「意外といける!」そう思ってからはどんどん増えていき、結果、4つに。

結論言いたいことは、ウェットシートケースとして完璧を求める人にはおすすめしません。乾きやすい季節もあれば、乾きにくい季節もある。お部屋の環境にもよるし、使う頻度にもよるんです。

私のように見た目と使い勝手の良さを重視する人には無印のウェットシートケースを心からおすすめします。

乾くのが我慢ならない人へ

ウェットシートケースではなく違う形で活用してみてください。マスクケースとしてウェットシートケースを活用する人も多いので、ぜひお試しを。

愛用者のおすすめポイント

もう十分伝わっているとは思いますが、私のおすすめポイントは4つです。

  • シンプルな見た目
  • 蓋が薄いから開け閉めしやすい
  • 取り出し口が大きい
  • ウェットシート以外にも活用法がたくさんある

使い勝手の良さはこの4つのポイントがあってこそです。

使わない方がいい人の特徴

ウェットシートケースとして使わない方がいい人の特徴はコチラ。

  • ウェットシートケースとして完璧を求める
  • ウェットシートを日常的にあまり使わない

上記に当てはまる方はウェットシートケースとして使用するのではなく、他の使用方法で活用することをおすすめします。

ウェットシートケース活用法13選

無印のウェットシートケース活用法13選はコチラ。

  1. ウェットシート
  2. おしり拭き
  3. ティッシュ
  4. フローリングドライシート
  5. メラミンスポンジ
  6. 水切りネット
  7. マスク
  8. ポリエチレン手袋
  9. ゴミ箱
  10. トイレのクイックル
  11. ポリエチレン袋
  12. お菓子入れ
  13. メイク用品

我が家ではウェットシートおしり拭きフローリングドライシートマスクに活用しています。

無印のウェットシートケース「まとめ」

無印*ウェットシートケースの「乾く」口コミに言いたいことは以上です。

最後までご覧くださりありがとうございました。

他にも様々な口コミを投稿中!

ぜひ検索してみて下さい♪

関連記事