【北川景子の断捨離】子育て中ママ必見の部屋が片付く方法

北川景子 断捨離

ミニマリストとやらを北川景子から学ぶわたくし、モモが北川景子の断捨離方法を実践してみます。

ちなみに私はミニマリストとは程遠い女です。

北川景子の断捨離
  • 服はクローゼットに10着しか持たない
  • 捨てないと買わない
  • 良いモノを長く愛用する
  • 過去を振り返らない
  • 夫(DAIGO)を巻き込む
  • オタクになる

もう北川景子=ミニマリストは周知の事実となりましたよね。

2020年9月に第一子を出産した北川景子さん。

子供が産まれると今までの生活が一変し、いっきに子育て中の部屋へと変化しますよね。片付けはどうせ散らかるから「まぁいっか」で済ませがち。(え、私だけ?)

しかしお子さんが産まれても、ミニマリスト・北川景子はそうはなりません。

DAIGOさんが以前番組で「部屋はガランとしている」と語っていたとか。

できるかは別として、面白いから読んでみて。断捨離とまではいかなくても、掃除スイッチが入るかも♪

興味のある人はcheck!

▼「さんまのまんま」で紹介

 北川景子さんが産後ダイエットに使用したアイテム

北川景子の断捨離

みなさんご存じだとは思いますが、断捨離とは不要な物をバッサリ捨て去ることです。

別名:ミニマリスト

ミニマリストという言葉も当たり前のように認知され始めました。

私はまだまだミニマリストになりきれていません。

みなさんも自分と比較しながら読んでみて下さい。

服はクローゼットに10着しか持たない

北川景子さんが 服はクローゼットに10着しか持たない というのは結構有名な話ですよね。

服を買うとき、自分がどんな服を持っていたか思い出しながら買い物をするそうです。

捨てないと買わない

デニムを買うなら…

欲しいデニムの代わりに捨てられるデニムがあるか考えるそう。

できるようで、なかなかできることではないのでかっこいいです。

服が捨てられない人は宅配買取を利用するのがおすすめです。

良いモノを長く愛用する

コートは10年くらい着て、処分したら新しいものを買うそうです。私なんて、セールで安くなっているといらなくてもついつい手が伸びてしまう。1着を着続けるって、できるようでできないものです。

  • 洋服によっては合わない
  • 流行
  • 少し重い
  • 脱いだときにかさばる

などの理由から、結局いつも決まった1着を着ていました。

モノトーンでシンプルなデザインなら、どんなファッションにも合う!

過去は振り返らない

北川は、ドラマや映画など作品を録り終わると、その台本をシュレッダーにかけて処分していくのだという。さらに「過去の写真とかもどんどん。2人のものはあるんですけど、昔の写真とか、思い出があるんじゃないかというのも全部シュレッダーしだした」とも。

 心配になって「大丈夫?大事なものじゃないの?」と尋ねたところ、「キメ顔で僕の方見て、『私に過去はいらない』って」と、実施にキメ顔をしながらやりとりを再現。

スポニチSponichi Annex

話題となったのが北川景子さんのこの発言。

私に過去はいらない

夫・DAIGOさんとの写真もシュレッダーにかけるほどのミニマリスト。

とにかく何でも写真に残したい私には信じられない話…憧れます。

夫(DAIGO)を巻き込む

夫・DAIGOの服も処分?!

もちろん夫婦間でのやりとりあってだと思いますが、北川景子さんはDAIGOさんの服も断捨離したと話題です。

夫がモノを捨てられないと部屋はいっこうに片付きません。

DAIGOさんのように協力的だと助かりますね。

北川景子が断捨離を始めたきっかけ

北川景子さんは「宝塚」の大ファンです。

宝塚がきっかけ?!

宝塚のグッズを置く場所を確保する為に断捨離を始めたそうです。

断捨離を始めるきっかけは本当に人それぞれ。

導入なんて何でもいいですよね!

北川景子の断捨離「名言」

北川景子の断捨離「名言」
  • 私に過去はいらない
  • 捨てると新しい仕事が入ってくる
  • 自分の作品は残さない。作品を観てくれている人の心に残っていれば、それでいい。

名言は随時更新していきたいと思います。

それでも捨てられないときの対処法

なかったら生活がどうなるか考える

私で言うと、鞄。

私は鞄をたくさん持っている女でした。

鞄も靴も、洋服だって、極論1着ずつあれば生きていけます。

鞄は1つあれば十分。

そう思えてからは…
  • お気に入りの
  • マザーズバッグ

2つだけを残すことに決めました。

自分が1番多く持っているものを断捨離するとスッキリしますよ。

北川景子の断捨離「まとめ」

子育てを始めると、子供のモノでお家が溢れかえり、ついつい後回しにしてしまう片付け。

この記事を読んで腰を上げたママさんが少しでも増えると嬉しいです。

関連記事