時間
最大43.5倍P!!お買い物マラソン開催中

陥没乳頭が授乳で治るまでの私の裏ブログ

陥没乳頭 授乳

陥没乳頭で悩んでいる方は多いと思います。

陥没乳頭のことは親や友達に打ち明けられないし、助産師さんにも言いたくないくらい悩んでいました。

私のような方はたくさんいらっしゃると思ったので、この記事が少しでもお役に立てたらな…と、裏ブログとして私自身のことをお伝えしようと思いました。

裏ブログの由来

誰にも言えない悩みだからこそ、「裏ブログ」と名付けました。

決して怪しい内容ではないのでご安心を(笑)

妊娠前から悩んではいたものの、陥没乳頭で1番不安になったのは、授乳について考え始めたときでした。

私は母乳育児できるのか?

混合→完母で授乳後、1歳を迎える前に無事卒乳に成功しました。

自分の乳首と向き合ってただひたすら病んだ(笑)ことも今では思い出です。

伝えたいこと

私と同じ悩みを持った方に向けて、

  • 陥没乳頭でも授乳はできる
  • 個人差はあると思いますが、陥没乳頭は授乳しているうちに治る

ということをブログを通してお伝えしたいなと思います。

陥没乳頭が授乳で治るまでの私の裏ブログ

産後、次の日の授乳時からブログをつけていたので、赤裸々にお伝えできると思います。

出産前に用意して良かった授乳グッズ

メデラのピュアレーンは授乳時の必須アイテムとしてみなさんご存じだと思います。

陥没乳頭は普段空気に触れないからこそ皮膚が弱く、乳首が切れやすいです。

私も切れました(涙)

まだ買っていないという方は、小さい方でもいいので購入しておくことをおすすめします。

入院中の授乳①産後初めての授乳

助産師さんに呼ばれて初めての授乳。

授乳室にいくと、看護師さんが息子を連れてきてくれました。

それでは授乳を始めましょう。

初めての授乳に緊張するのはもちろんですが、看護師さんに乳首を見られることの方が緊張しました。

赤ちゃんが口を大きく開けた瞬間に、乳輪から咥えてもらう意識でやってみてください♪

いざおっぱいを出すとなると看護師さんの視線が気になりましたが、ペイっと思い切って出しました。

ちょっと失礼しますね。

そう言って私の乳輪を摘み、息子の口と近づける看護師さん。

授乳のコツを掴んだ今だからこそ理解できますが、当時の私はテンパりまくり。

乳輪から咥えてもらうって難しすぎませんか?!泣

突起した乳首がないのに息子が咥えられるわけがないと半泣き。

いざ、授乳しようと試みても、息子は当然の如く咥えられません。

入院中あるある?!

見られているとやりにくい!

ただでさえ陥没乳頭を見られることに抵抗があるのに、息子もギャン泣きときたらもう…。

お腹がすいているのに、私の乳首のせいで泣いてる(涙)

むき出しになった自分の陥没乳頭を見ながらとってもみじめになりました。

当時はこんなことを思っていましたが、陥没乳頭だろうとなかろうと、最初の授乳はみんなが苦戦するものです。

自分を責める必要はなく、根気よく取り組めば必ずうまくいきますよ♪

入院中の授乳②まさかすぎる乳頭保護器

乳頭保護器、使ってみましょうか。

そう言って看護師さんが 持ってきたのは、哺乳瓶の乳首!

↑これが保護器として登場。

使い方合ってるの…?!

最初は戸惑いましたがこれがまぁ大活躍します。

保護器を乳首にあてて、赤ちゃんに吸ってもらいましょう。

実際に保護器(乳首)を当てると、息子も吸いやすいのか頑張って吸い始めてくれました。

赤ちゃんの吸う力にビックリ。

生まれたすぐでこの吸引力…恐るべし。

哺乳瓶の乳首を使うメリット
  • ミルクを飲むときと同じ感覚で吸ってもらえる
  • 哺乳瓶の乳首だからずっと使える

赤ちゃんの吸引力により、陥没乳頭も少しだけ突起してくれました。

両乳10分ずつ吸ってもらったら、ミルクに切り替え。

私、母乳出るのかな…

初日から母乳が出る初産婦さんはなかなかいないです。

まずはどんどん吸ってもらうことが大切なので、頑張りましょうね♪

看護師さんはそう言ってくれましたが、なんのコツも掴めぬまま、ただただゴールの見えない授乳の壁にぶち当たりました。

普段は前向きな私も、自分のコンプレックスとの闘いということもあり、少しナイーブに。

乳頭ケアの大切さ

想像以上の吸引力に、初日から乳首が痛くてたまりませんでした。

少し乳首を鍛えておくだけでも全然変わってくるので、出産前の乳頭ケアをおすすめします。

私は乳頭ケアだけでも切れて血が出たりしていたので、少しでも慣らしておいて良かったなと思いました。

乳頭ケアについては≫陥没乳頭でも授乳したい…お金を掛けない私の乳頭ケアに詳しくまとめています。

関連記事